東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻より2008年3月に博士(工学)を取得後,東京工業大学での博士研究員などを経て,現在は大阪大学産業科学研究所で准教授をしています。
計算機を用いた知的な情報処理やデータ解析を実現するためのアルゴリズム開発や,その実用的問題への応用に関する研究を行っています。 特に機械学習やデータマイニングと呼ばれる分野が中心になります。

略歴

お知らせ

最近のニュース

  • 山際伸一さん(筑波大)と(株)美津野との共同研究に関する成果が、JSTサイエンスニュースに掲載されました ([記事へのリンク], 2016/8/12)。
  • 動的システムの学習に関する論文 "Dynamic Mode Decomposition with Reproducing Kernels for Koopman Spectral Analysis" が30th Ann. Conf. on Neural Information Processing Systems (NIPS'16) に採録されました (2016/8/12)。
  • NTT-CS研の竹内さん、岩田さんとともに、人工知能学会の2015年度研究会優秀賞を受賞することになりました (2016/4/18)。
  • 科研費提案課題(新学術領域公募(代表))が採択されました (2016/4/1)。
  • 2016年3月23日〜25日開催のProbabilistic Graphical Model Workshop: Sparsity, Structure and High-dimensionalityで講演(招待)を行いました。
  • 山際伸一さん(筑波大)とビジンアンドカンパニーとの共同研究に関する成果が日本経済新聞(朝刊)に掲載されました(2016/2/23)。
  • 機械学習の遺伝子解析への応用に関する論文(主著:永田圭佑さん) "Toxicogenomic Prediction with Graph-based Structured Regularization on Transcription Factor Network" がFundamental Toxicological Sciences誌に採録されました (2016/2/16)。
  • 2015年12月21日〜22日開催のPRMU研究会で講演(招待)を行いました。
  • 2015年11月25〜27日開催のIBISワークショップで企画セッションを企画し、また2015年11月28日開催のIBISチュートリアルでチュートリアル講演を行いました。
  • 2015年11月24日開催の日本学術会議シンポジウム「by 機械学習、of 機械学習」で講演(招待)を行い、またパネラーとしても登壇しました。
  • 構造正則化に関する論文(主著:Bo Xinさん)"Efficient Generalized Fused Lasso and its Applications" がACM Transactions on Intelligent Systems and Technology (ACM TIST)に採録されました (2015/11/17)。
  • 2015年11月10〜11日開催の電子研国際研究集会で講演(招待)を行いました。
  • 山際伸一さん(筑波大)とミズノとの共同研究に関する成果が日刊工業新聞(全国版・朝刊)に掲載されました(2015/11/2)。
  • 機械学習の遺伝子解析への応用に関する論文(主著:永田圭祐さん) "Toxicogenomic Prediction with Group Sparse Regularization Based on Transcription Factor Network Information" がFundamental Toxicological Sciences誌へ採録されました (2015/9/7)。
  • 構造正則化学習に関する論文(主著:竹内孝さん) "Higher Order Fused Regularization for Supervised Learning with Grouped Parameters" がECML-PKDD'15に採録されました(2015/6/2)。
  • 一昨年度,昨年度に引き続き,大阪大学総長奨励賞を受賞する事になりました (2015/6/1)。
  • 2015年5月20〜22日開催の第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'15)でチュートリアル講演しました。
  • 工学システムの異常検知に関する論文(主著:平田丈英さん) "A fault detection technique for the steel manufacturing process based on a normal pattern library"が The 9th IFAC Symp. on Fault Detection, Supervision and Safety of Technical Processes (SafeProcess'15)に採録されました(2015/3/15)。
  • 機械学習における組合せ最適化とその応用に関する論文 "On approximate non-submodular minimization via tree-structured supermodularity" が The 18th Int'l Conf. on Artificial Intelligence and Statistics (AISTATS'15) に採録されました (2015/1/11)。
  • 時系列モデリングに関する論文(主著:M.Demeshkoさん) "A novel structural AR modeling approach for a continuous time linear Markov system" が ACM Transactions on Intelligent Systems and Technology (ACM TIST, 2013 IF 9.39) に採録されました (2014/12/26)。
  • 工学システムの異常検知に関する論文(主著:平田丈英さん) "New monitoring technique for detecting buckling in the continuous annealing line using canonical correlation analysis" がSICE Journal of Control, Measurement, and System Integrationに採録されました(2014/11/18)。
  • データマイニングの遺伝子解析への応用に関する論文(主著:永田圭佑さん) "A Novel Approach to Predict Toxicity from Toxicogenomic Data Based on Class Association Rule Mining" が Toxicology Reports に採録されました(2014/10/21)。
  • 時系列モデリングの応用に関する論文(主著:M.Demeshkoさん) "Application of continuous and structural ARMA modeling for noise analyses of a BWR coupled core and plant instability event" がAnnals of Nuclear Energyに採録されました (2014/8/22)。
  • 可視化に関する論文(主著:Z.Yunzhuさん)"Scatterplot layout for high-dimensional data visualization" がJournal of Visualizationに採録されました (2014/8/6)。
  • 昨年度に引き続き,大阪大学総長奨励賞を受賞する事になりました (2014/5/22)。
  • 機械学習のコンピュータ・ビジョンへの応用に関する論文(主著:Bo Xinさん)"Efficient generalized fused Lasso with application to the diagnosis of Alzheimer's disease" が人工知能分野のトップ会議である28th AAAI Conf. on Artificial Intelligence (AAAI'14)に採録されました (2014/4/8)。
  • 科研費提案課題が,基盤(B)(代表), 新学術領域公募(代表), 基盤(B)(分担。代表は梅谷俊治さん)へ採択されました (2014/4/1)。
  • 特徴選択に関する論文(主著:杉山麿人さん)"Multi-task feature selection with multiple networks via maximum flows"が2014 SIAM Conf. on Data Mining (SDM'14)に採録されました (2013/12/22)。
  • 大阪大学総長奨励賞を受賞する事になりました (2013/8/2)。
  • 能動学習に関する論文(主著:十河康弘さん)"Active Learning for Noisy Oracle Via Density Power Divergence Learning Systems"が Neural Networksへ採録されました (2013/5/7)。
  • 機械学習における最適化に関する論文(主著:永野清仁さん)"Structured Convex Optimization under Submodular Constraints"が機械学習のトップ会議である29th Conference on Uncertainty in Artificial Intelligence (UAI'13)に採録されました (2013/5/7)。
  • 機械学習を用いたデータ可視化に関する論文 (主著:末松はるかさん)"Low-dimensional parallel coordinates collection for high-dimensional data visualization"が17th Int'l Conf. on Information Visualization (IV'13)に採録されました (2013/4/29)。
  • 機械学習に基づく遺伝子データ解析に関する論文 (主著:C.Azencottさん) "Efficient network-guided multi-locus association mapping with graph cuts"がバイオ・インフォマティクスのトップ会議である ISMB/ECCB'13 に採録されました(2013/4/23)。
  • 准教授へ昇進しました(所属は同じ)。今後とも宜しくお願い致します (2013/4/1)。
  • 科研費提案課題が挑戦的萌芽(代表)へ採択されました (2013/4/1)。
  • 能動学習に関する論文(主著: 十河泰弘さん) "Density Power Divergenceを用いたロバスト能動回帰学習"が人工知能学会論文誌に採録されました(2012/10/12)。
  • 機械学習のファイナンスへの応用に関する論文(主著: 武田朗子さん) "Simultaneous pursuit of out-of-sample performance and sparsity in tracking portfolio"がComputational Management Scienceに採録されました(2012/10/10)。
  • 第3回大阪大学総長による表彰を受賞する事になりました(2012/9/5)。
  • 強化学習に関する論文(主著: 植野剛さん) "Weighted likelihood policy search with model selection"が 26th Ann. Conf. on Neural Information Processing Systems (NIPS'12) に採録されました(2012/9/4)。
  • 能動学習に関する論文(主著: 十河泰弘さん) "Robust active learning for linear regression via density power divergence"が 19th Int'l Conf. on Neural Information Processing (ICONIP'12)に採録されました(2012/8/1)。
  • 人工知能学会誌(第27巻 第3号)にて、劣モジュラ最適化の機械学習への応用に関する解説 "劣モジュラ性を用いた知能情報処理への新展開" が掲載されました (2012年5月)。
  • 2011年度人工知能学会論文賞を受賞する事になりました。受賞論文は、"局所線形モデルのアラインメントによる非線形動的システムの学習法" です (2012/4/16)。
  • 今年度から、人工知能学会基本問題研究会の幹事をする事になりました。皆様どうぞよろしくお願いします (2012/4/1)。